LED照明製品の取説か、宣伝資料などに「製品寿命が50000時間」と記載されることが多いようです。

50000時間がどのようで計算された結果ですか。

本当に50000時間動作できますか。

何か根拠がありますか。

L70B50 50000時間とL80B50 50000時間とどのような違いがありますか

というご質問を持つ方がいるでしょう。

LED照明製品の寿命をLxxByy+時間で表現することがよく業界に認められます。

それはフィリップスルミレッズ に提案され、照明デザイナーによく採用される照明器具寿命を評価するものです。

さまざまな動作環境におけるパワー LED の光束維持率の予測が容易になります。

Lxx  Byyの概念では、yyは故障する可能性 のあるLEDの母集団を表し、ここで言 う故障は光束劣化がxxで示される百分率以下になった場合、もしくは完全 (突発的)機能停止の状態と定義されます

例として、「50000時間L70 B50」は、5万時間の動作後、全体の50 %のLEDが統計的に70%の光束維 持点に達することを意味しています。この概念は「パワー LEDの寿命分析の 理解」の標題をもつ技術白書WP12の なかに記述されています  

光束維持率はパワー LEDの重要な特性として認識され、照明工学協 会(Illuminating Engineering Society: IES)は2008年に、「Approved Meth od: Measuring Lumen Maintenance of LED Light Sources」と題するLM -80- 08標準を制定しましたLM-80-08はLED光 源の光束維持試験の統一された方法を 確立し、メーカー間の性能の比較を可 能にすることを目的にしています 

6000時間 の測定データ点に基づく最小光束維持 閾値を設定しています。

TM21というFormulaを利用して、照明製品温度などの条件、LM80報告書にある測定結果を記入して、それでLED製品の寿命を予測できるLxxByy+時間を簡単に計算できます。

それが照明器具寿命推測の根拠となります。

 

 

Interested in Our Products

If you are interested in our products and would like to receive further information, please fill out the form below to send us your request. or mail to info@upshine.com directly.