太陽光には「可視光」と「不可視光」とが存在であるJIS Z8120の定義によれば、可視光線に相当する電磁波の波長は下界はおおよそ360-400 nm、上界はおおよそ760-830 nmである実際に植物の生長に必要になるのは「青色」と「赤色」のみそのため、同じ色合いの光をLEDで与えてあげれば植物は育つのである。赤色には光合成、青色には植物を大きくする効果があり、それらを生かした環境を構築することで太陽の代わりになるということである植物育成ライト太陽光の代わりに人工の光で植物てるラートである。植物にとってもっとも効果的な波長のみでラートですので植物の成長も早く、野菜育てる場合、ビタミン量も飛躍的に上がる。


そのため、植物が健全に育つには赤色と青色がバランスよく配合されていることが大切であるLEDライトはこいうことができるので、いまは早いスピードで発展している。

植物 育成 用 led ランプ

植物育成ライト 効果

Interested in Our Products

If you are interested in our products and would like to receive further information, please fill out the form below to send us your request.